第1回九州支部展in博多 開催を終えて (2018年09月25日掲載)

同窓会九州支部の会員による作品展が2018年7月30日から8月5日までギャラリー風にて(福岡市中央区天神)開催されました。

これまで地方で孤立状態だった会員が、展覧会を通して出会えたことや世代は違うが同じ桑沢で過ごした仲間ということでどこか分かり合える、繋がり合えるそんな同窓会支部展でした。

来場者からは、「とても質が高く見応えがあり来て良かった。展示作品は多様だが違和感はなくデザインというフィルターを通してそれぞれが活躍してある様子がよくわかった」「桑沢デザイン研究所のことは知らなかったが、今回学校案内が置いてあり興味深く知ることができた」「デザイン学校なのでもう少しデザイン系の作品があると期待していた」などの感想をいただきました。

七日間の入場者は約1000人。出品者の知り合いで美術デザイン関係者が多く、熱心に見入る姿から観客の質が高く感じられ、美術館関係やデザイナー、マスコミ、他美術系大学同窓会関係者も来られて繋がりが持てたことは特筆すべきことでした。

また、西日本豪雨災害チャリティーを兼ねて一部の作品販売をし、売り上げの一部と募金箱の分を合わせて17,772円を「中央共同募金会平成30年豪雨義援金」に送金。そのことも作者と観客をつなぐことにもなったと思います。

これからの課題として、もっと広く九州沖縄各県からの参加者が増えるようにする工夫が必要であることと、故人の方の2名(前支部長)の作品展示も一緒に展示できたのは意義があったと思います。            

記:九州支部長 野田博生

第1回九州支部支部だよりphoto

Pagetop
中・四国支部 KUWASAWA DOSO NIGHTイベント報告 (2018年05月22日掲載)

私が支部長を拝命してはじめて、ちいさな同窓会イベントを開催いたしました。

これまでの同窓会イベントは自分も1回だけしか参加したことがなかったのですが、参加者が固定されていたり、若い方が参加しにくかったりというのが課題だと伺っていました。

そこではじめての方でも参加しやすく、そしてまずはできるだけお互いを知ろうというのをねらって、飲み食いしながら各自5分間の自己紹介プレゼンをするというゆるいイベントをやってみました。

 

参加者は10枚の画像を用意。プロジェクタでそれを映し出しながらみんなの前で話します。お題はなんでもありだったのですが、主に今取り組んでいる仕事やライフワークといったことが多く、やはりほとんどの方がものづくりやデザインに関連していることをプレゼンされていました。インテリアやグラフィック、アニメーション、キュレーション、ブランディング、写真……さまざまなジャンルの話を聞けるのは桑沢らしいですね。

 

本部から会長の八十島、理事の赤羽さんをはじめとして、元会長の山田脩二さんも参加してくださり、総勢14名の楽しい会となりました。特筆すべきは若い人たちの参加が多かったこと。14名のうち8名が40代以下と、近年にない会だったという評価をいただきました。こういった会をきっかけに(SNSなどで)繋がっていけたらと思っています。中四国支部はエリアが広いため、今回は中国地方をターゲットに開催しましたが、次回は四国での開催を計画したいと考えています。

 

最後になりましたが、企画段階から協力してくれた同期の久我遥さんと三浦(旧姓:西村)翼くん、中村佳恵さん、そして手厚いサポートをくださった同窓会本部、事務局の皆さまに御礼を申し上げます。

中・四国支部 支部長 宮畑周平(2部H19SD2)

 

31501116_2181550188536693_7160723519188238336_o

 

 

DSC_8876

 

DSC_8874

Pagetop
桑沢祭2017レポート (2017年11月21日掲載)

桑沢祭2017。テーマは「顔」。10月7日から9日までの3日間、桑沢校舎で開催されました。今年の桑沢祭は約1800名の来場者を数え、各方面から評判が良く、我々としても頑張った甲斐があったとつくづく思います。
桑沢祭の開催に向けて頑張った各部署の活動について報告しレポートとさせていただきます。
空間部署は各階の空間装飾を行いました。桑沢祭テーマ「顔」より発想し統一感を持たせるためにヘッドみんなで話し合いやっていきました。そして各階に表情を割り振り、その表情を簡易化した造形で空間を装飾。統一感もありながら、それぞれの表情の良さもある素晴らしいものになりました。
お土産部署。今年はテーマの「顔」にちなんで、金太郎飴を考案、販売しました。1階エントランスにて販売し、顔というテーマに合致したフォルムと可愛らしい色合い、ビジュアルから、3日間ともに15時台に売り切れるという盛況ぶりで大成功といえます。
ファッションショー部署も三日間大きな問題もなく予定通り行われました。ファッションショーは桑沢祭の中でも規模が大きく、関わる人の人数も明らかに多いので心配な点はありましたがまとまりも良く、モデルの動きもスムーズで良かったと思います。
イベント部署は、4階にて新企画展示と学生による作品販売を行いました。新企画「だるまは赤い」 は評判のいい 面白い展示でしたが個人的な印象として、狙いすぎて意図を伝えるのが難しい面もあった気がします。
作品販売部署の「くわマート」は、最初 夜間部の方とコラボで運営する予定でしたが、急な変更があって詰めが甘かったのが残念でした。
グランプリ部署は、直前に予定していた会場が使えなくなるというハプニングがありましたが他部署のヘッドみんなでグランプリのフォローに回り、予定場所とは違いましたが例年にも増していい展示になったとグランプリ部署の方も言っていました。
運営本部は、これらの部署の統括や機材貸し出し等事務的なことから、イベントの企画やラジオ放送を行いました。7階は空間部署の7階担当とコラボし、顔にちなんでお面を使ったインスタレーションと心の顔診断を行いました。それぞれの個性を表すお面と線材の装飾がとてもマッチしていて謎に満ちた、僕が思う通りの空間になりました。ちなみに空間部署が実施したアンケートでは7階が一番評判が良かったそうです。そしてこちらも評判だった心の顔診断。いくつかの問題に答えてもらうとその人の心の顔がわかるという体験型プログラム。7階に足を運んでくださった人のほとんどがテストを行ってくれました。同時に「きみ心の顔なんだった?」「俺は〇〇だったよ」などと言ったコミュニケーションのツールとしてもよく、大満足の出来でした。

全体を通し、3月の段階でヘッドと話し合っていた「学校全体で一貫性を持たせた空間と企画をやろう」という大筋がぶれることがなく、それぞれの良さを生かす最高の形で桑沢祭が回りました。来年度以降の桑沢祭では、今年の良さは残しつつさらに高みを目指して頑張ってほしいと思っています。今年の準備、本番を見る限り1年生の働きはとてもよく、安心して来年に引き継げるとすでに確信しております。桑沢祭2017は終わりましたが、桑沢祭2018は始まったばかりです。同窓会にはいろいろとご協力いただき本当にありがとうございました。

        記:桑沢祭2017実行委員会委員長 後藤和樹

 

 

W−IMG_0353

入り口弾幕

 

S__94674958

桑沢祭当日の様子

 

S__94674956

桑沢祭当日の様子

 

 

20171021_171023_0001

桑沢祭当日の様子

 

S__94674954

桑沢祭当日の様子

 

2017年 GP写真_171023_0006

桑沢グランプリの会場

 

メイン

お土産部署金太郎飴

 

IMG_5001 2

イベント部署と本部で行った広報活動

Pagetop
第4回 チャリティフリーマーケット報告 (2017年06月22日掲載)

 2016 年 10月 8 ~ 10日の桑沢祭に合わせて、同窓会主催のチャリティフリーマーケットが開催されました。

2 年に一度、偶数年の開催で今回は 4 回目になります。同窓生のみなさんから物品のご提供をいただき、 3日間で合計 180,750 円の売り上げとなりました。ご協力ありがとうございました。

 この中から 8 万円を、第 3 回に引き続き陸前高田の「桜ライン」へ、そしてもう 8 万円を「ブリッジクマモト」に寄付いたしました。

「桜ライン」は、津波の到達ラインに桜の木を植えるプロジェクトで、「ブリッジクマモト」は熊本地震をきっかけに地元デザイナーが集まり、新たな仕事を生み出す活動をしています。興味を持たれた方はぜひ、両組織の

ホームページをご覧ください。

次回のフリーマーケットは 2018 年に開催の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

●桜ライン=  sakura-line311.org

●ブリッジ熊本=  bridgekumamoto.com

2016フリマー1

2016.フリマー2

フリマ10.8-1

記:森井ユカ(同窓会理事= 1 部60L2A)

Pagetop
桑沢祭2016「360°」報告 (2017年06月22日掲載)

桑沢祭2016 は「桑沢デザイン研究所の学生ひとりひとりの考えるデザインを体験、発見、発信するデザインの祭典」をコンセプトに、「360°」をテーマに様々な企画を行いました。

 桑沢祭伝統のファッションショーを始め、学生たちによる手作りのオリジナルグッズを当日限定で販売している「桑マート」、会場を盛り上げてくれる学生デザインのゆるキャラ「サムレオン」、SNS を取り入れた「Qoom」、学生たちがデザインを競い合う「桑沢グランプリ」、飲食店のCafe「サークルサンド」、夜間部の学生による光で絵を描くルミノグラフ、会場B1 ~ 7F の各階全く違った空間デザイン、桑沢祭web サイトや公式Twitter、各ゼミの展示、学生の生の声を楽しめる「桑沢ラジオ」の放送、開催1週間前に代々木公園で行った桑沢マンとサムレオンによるパレードなどです。どの企画も学生自ら企画運営しました。会場内ですれ違うお客様からは「すごい」「たのしい」「おもしろい」など数々のありがたい言葉が聞こえていました。

 本年度の結果として、桑沢同窓会ほか多方面からのお力添えもあり、どの企画も昨年よりも参加者・出展者が大幅に増え、盛り上がりを見せました。また昨年から引き継がれた反省点についてそれぞれの部署内で問題解決ができていました。

 組織を運営する中で、学校の授業とは違ったかたちでデザイン思考を学ぶことができ、学生の自主性・創造性を引き出すことに成功したといえます。

 来場者からはポジティブなご意見を多くいただきましたが、私たち運営側としては今回の結果にまだまだやれることがあったのだと誰もが感じ、未来に繋げる意志を持ちました。

 今後さらに昇華していく桑沢祭の、基盤づくりに大きく貢献できたと考えています。

記:桑沢祭2016 実行委員会委員長 槌本祐介

桑沢祭02

桑沢マンとゆるキャラ「サムレオン」

桑沢祭04 2

サムレオンによるパレード

桑沢祭03

飲食店のCafe「サークルサンド」

桑沢祭01

ファッションショー

桑沢祭07

桑沢グランプリ

Pagetop