桑沢祭2017レポート (2017年11月21日掲載)

桑沢祭2017。テーマは「顔」。10月7日から9日までの3日間、桑沢校舎で開催されました。今年の桑沢祭は約1800名の来場者を数え、各方面から評判が良く、我々としても頑張った甲斐があったとつくづく思います。
桑沢祭の開催に向けて頑張った各部署の活動について報告しレポートとさせていただきます。
空間部署は各階の空間装飾を行いました。桑沢祭テーマ「顔」より発想し統一感を持たせるためにヘッドみんなで話し合いやっていきました。そして各階に表情を割り振り、その表情を簡易化した造形で空間を装飾。統一感もありながら、それぞれの表情の良さもある素晴らしいものになりました。
お土産部署。今年はテーマの「顔」にちなんで、金太郎飴を考案、販売しました。1階エントランスにて販売し、顔というテーマに合致したフォルムと可愛らしい色合い、ビジュアルから、3日間ともに15時台に売り切れるという盛況ぶりで大成功といえます。
ファッションショー部署も三日間大きな問題もなく予定通り行われました。ファッションショーは桑沢祭の中でも規模が大きく、関わる人の人数も明らかに多いので心配な点はありましたがまとまりも良く、モデルの動きもスムーズで良かったと思います。
イベント部署は、4階にて新企画展示と学生による作品販売を行いました。新企画「だるまは赤い」 は評判のいい 面白い展示でしたが個人的な印象として、狙いすぎて意図を伝えるのが難しい面もあった気がします。
作品販売部署の「くわマート」は、最初 夜間部の方とコラボで運営する予定でしたが、急な変更があって詰めが甘かったのが残念でした。
グランプリ部署は、直前に予定していた会場が使えなくなるというハプニングがありましたが他部署のヘッドみんなでグランプリのフォローに回り、予定場所とは違いましたが例年にも増していい展示になったとグランプリ部署の方も言っていました。
運営本部は、これらの部署の統括や機材貸し出し等事務的なことから、イベントの企画やラジオ放送を行いました。7階は空間部署の7階担当とコラボし、顔にちなんでお面を使ったインスタレーションと心の顔診断を行いました。それぞれの個性を表すお面と線材の装飾がとてもマッチしていて謎に満ちた、僕が思う通りの空間になりました。ちなみに空間部署が実施したアンケートでは7階が一番評判が良かったそうです。そしてこちらも評判だった心の顔診断。いくつかの問題に答えてもらうとその人の心の顔がわかるという体験型プログラム。7階に足を運んでくださった人のほとんどがテストを行ってくれました。同時に「きみ心の顔なんだった?」「俺は〇〇だったよ」などと言ったコミュニケーションのツールとしてもよく、大満足の出来でした。

全体を通し、3月の段階でヘッドと話し合っていた「学校全体で一貫性を持たせた空間と企画をやろう」という大筋がぶれることがなく、それぞれの良さを生かす最高の形で桑沢祭が回りました。来年度以降の桑沢祭では、今年の良さは残しつつさらに高みを目指して頑張ってほしいと思っています。今年の準備、本番を見る限り1年生の働きはとてもよく、安心して来年に引き継げるとすでに確信しております。桑沢祭2017は終わりましたが、桑沢祭2018は始まったばかりです。同窓会にはいろいろとご協力いただき本当にありがとうございました。

        記:桑沢祭2017実行委員会委員長 後藤和樹

 

 

 

W−IMG_0353

入り口弾幕

S__94674958

桑沢祭当日の様子

S__94674956

桑沢祭当日の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

20171021_171023_0001

桑沢祭当日の様子

S__94674954

桑沢祭当日の様子

2017年 GP写真_171023_0006

桑沢グランプリの会場

 

メイン

お土産部署金太郎飴

 

IMG_5001 2

イベント部署と本部で行った広報活動

Pagetop
第4回 チャリティフリーマーケット報告 (2017年06月22日掲載)

 2016 年 10月 8 ~ 10日の桑沢祭に合わせて、同窓会主催のチャリティフリーマーケットが開催されました。

2 年に一度、偶数年の開催で今回は 4 回目になります。同窓生のみなさんから物品のご提供をいただき、 3日間で合計 180,750 円の売り上げとなりました。ご協力ありがとうございました。

 この中から 8 万円を、第 3 回に引き続き陸前高田の「桜ライン」へ、そしてもう 8 万円を「ブリッジクマモト」に寄付いたしました。

「桜ライン」は、津波の到達ラインに桜の木を植えるプロジェクトで、「ブリッジクマモト」は熊本地震をきっかけに地元デザイナーが集まり、新たな仕事を生み出す活動をしています。興味を持たれた方はぜひ、両組織の

ホームページをご覧ください。

次回のフリーマーケットは 2018 年に開催の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

●桜ライン=  sakura-line311.org

●ブリッジ熊本=  bridgekumamoto.com

2016フリマー1

2016.フリマー2

フリマ10.8-1

記:森井ユカ(同窓会理事= 1 部60L2A)

Pagetop
桑沢祭2016「360°」報告 (2017年06月22日掲載)

桑沢祭2016 は「桑沢デザイン研究所の学生ひとりひとりの考えるデザインを体験、発見、発信するデザインの祭典」をコンセプトに、「360°」をテーマに様々な企画を行いました。

 桑沢祭伝統のファッションショーを始め、学生たちによる手作りのオリジナルグッズを当日限定で販売している「桑マート」、会場を盛り上げてくれる学生デザインのゆるキャラ「サムレオン」、SNS を取り入れた「Qoom」、学生たちがデザインを競い合う「桑沢グランプリ」、飲食店のCafe「サークルサンド」、夜間部の学生による光で絵を描くルミノグラフ、会場B1 ~ 7F の各階全く違った空間デザイン、桑沢祭web サイトや公式Twitter、各ゼミの展示、学生の生の声を楽しめる「桑沢ラジオ」の放送、開催1週間前に代々木公園で行った桑沢マンとサムレオンによるパレードなどです。どの企画も学生自ら企画運営しました。会場内ですれ違うお客様からは「すごい」「たのしい」「おもしろい」など数々のありがたい言葉が聞こえていました。

 本年度の結果として、桑沢同窓会ほか多方面からのお力添えもあり、どの企画も昨年よりも参加者・出展者が大幅に増え、盛り上がりを見せました。また昨年から引き継がれた反省点についてそれぞれの部署内で問題解決ができていました。

 組織を運営する中で、学校の授業とは違ったかたちでデザイン思考を学ぶことができ、学生の自主性・創造性を引き出すことに成功したといえます。

 来場者からはポジティブなご意見を多くいただきましたが、私たち運営側としては今回の結果にまだまだやれることがあったのだと誰もが感じ、未来に繋げる意志を持ちました。

 今後さらに昇華していく桑沢祭の、基盤づくりに大きく貢献できたと考えています。

記:桑沢祭2016 実行委員会委員長 槌本祐介

桑沢祭02

桑沢マンとゆるキャラ「サムレオン」

桑沢祭04 2

サムレオンによるパレード

桑沢祭03

飲食店のCafe「サークルサンド」

桑沢祭01

ファッションショー

桑沢祭07

桑沢グランプリ

Pagetop
夏期デザイン講座 2016 レポート (2017年06月22日掲載)

毎年お盆にかかる8 月中旬に開講される夏期デザイン講座は、2016 年でなんと25 回目となりました。今回も、桑沢受験希望者、基礎を 勉強したい・やりなおしたい一般の方々と、150 名を越える受講生 で賑わいました。特に中国や台湾からの留学生の方がぐっと増え、国 際色も豊かになりつつあります。海外からデザインを勉強するために この夏期講座を選んでくださったことに、運営側としてとても嬉しく 思います。

2016 年もこれまでと同様、基礎科目である「デッサン」「色彩構成」 「立体・図法」が講座の三本柱となっております。全ての講座は5 日 間がワンセットなのですが、なかなか5 日間通うことが難しい社会人 の方々のための新しい試みとして、「初心者向けデッサン2 日間講座」 を開講し、学生から社会人まで多様な方々にご参加いただきました。  2017 年はさらに進化させ、「お試しデッサン1 日講座(仮)」を2 回開講の予定です。この講座の道具代は受講料の中に含まれますので、 初めてでも手ぶらで気楽に参加できます。学生、初心者、一からやり 直したい社会人の方々が参加しやすい、間口の広い講座にして、デザ インに触れることで日々の生活が豊かになるような内容にしたいと思 います。

基礎3 科目に加え、主に夜間の時間を使い、同窓会理事が企画する「特 別講座」も4 回目となり、これまでで最多の5 講座が開講されました。 前回からご好評をいただいている「桑沢製本教室」「書籍活字組版の 教室」と共に、新たな試みである「映像制作・渡邊課 課長と行く! 全天球映像の冒険」「雑貨製作・光るブローチをつくろう! 放課後 テクノ手芸部」「ファミリー/教育者向けデザインワークショップ・ Artlosophy」が追加され、好評のうちに終了することができました。 「全天球映像の冒険」は、VR(仮想現実)の可能性を探る映像を作る 講座、「テクノ手芸部」では電子基板とLED を使った工作で、どちら も未来につながる可能性を秘めた、ユニークでわくわくする内容です。 「Artlosophy」は、夏期講座初めての親子参加型。開放的な雰囲気の 中で、楽しみながら親子や家族の創造性とデザイン力を、色彩とデッ サンのワークショップによって引き出す講座でした。

これからも夏期講座担当として、広く一般に開かれた講座内容を企画 してまいります。「こんな講座があればいいのに」というご提案があ りましたら、どうぞお気軽に同窓会事務局までお寄せください。

記:森井ユカ(同窓会理事= 1 部60L2A)

P1050311

P1050303

P1050315

図法B 展開図2

図法B Ri3

 

Pagetop
宇和島パールデザインコンテストの これまでの入賞作品を一堂に展示 (2016年06月29日掲載)

真珠生産日本一を誇る愛媛県宇和島市で毎年開催している「宇和島パールデザインコンテスト」が今年で第9回を迎えました。これまでにこのコンテストから多くのパールデザインが生まれました。
このコンテストのあゆみを一堂に展示した「宇和島パールデザインコンテスト入選作品パネル展」が2016年6月28日から7月10日の会期で東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホールギャラリーで開催されています。

この投稿の続きを読む »

Pagetop